AGA治療で処方されるAGA治療薬についてまとめ

薄毛対策のAGA治療の治療方法は主に投薬治療になります。

治療薬をもらうためにはAGAクリニックで診察を受けて血液検査が必要になります。

どのAGAクリニックでもこの血液検査が必要になります。

そして治療が開始できると担当医が判断したらいざ投薬治療の開始になります。

AGA治療で処方されるAGA治療薬についてまとめましたのでご紹介します。

 

AGA治療薬プロペシア(フェナステリド)について

プロペシア(フェナステリドとも呼ばれます)はAGA治療で必ず処方される薬です。

プロペシアの効果は抜け毛を抑制する効果があります。

服用薬になるので即効性はありませんが、しっかりと服用を続けることによって徐々に抜け毛が減ることを実感できます。

このAGA治療薬プロペシア(フェナステリド)については下記の記事をご覧ください。

AGA治療薬プロペシア(フェナステリド)の効果や副作用について

 

AGA治療薬ザガーロ(デュタステリド)について

ザガーロ(デュタステリドとも呼ばれます)もAGA治療には欠かせない治療薬です。

ザガーロの効果はヘアサイクルを正常にし発毛を促進する効果があります。

このザガーロもプロペシア同様に服用薬になりますので即効性はありませんが、かなりの効果を期待できます。

市販されている育毛剤は効果を実感できるものがほぼありません。(効果を実証されている商品自体がごくわずか)

しかしザガーロは服用を続けることで発毛効果をしっかりと実感できる治療薬です。

ザガーロ(デュタステリド)については下記の記事をご覧ください。

AGA治療薬ザガーロ(デュタステリド)の効果や副作用について

 

AGA治療薬ミノキシジル外用薬

このミノキシジルもAGA治療でよく処方される治療薬です。

ミノキシジルには服用薬と外用薬がありますが、主に外用薬としての処方が多いです。

ミノキシジルは血管拡張効果があり、血行促進によって発毛効果が期待できます。

ミノキシジルについては下記の記事をご覧ください。

AGA治療薬ミノキシジル外用薬の効果や副作用について

 

AGA治療薬は個人輸入してはいけない

これらのAGA治療薬をネットで個人輸入して服用する人がいるようです。

しかしAGA治療薬の個人輸入では多くの偽物が流通していてそれらの薬を服用するのは非常に危険です。

「大丈夫だろう」と服用して健康被害を受ける可能性があります。

実際に健康被害などのトラブルがあり厚生労働省でも注意喚起されています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

AGA治療薬は個人輸入してはダメ!危険です!

 

AGAクリニック口コミ人気ランキング

1位 AGAヘアクリニック

2位 AGAスキンクリニック

3位 ゴリラクリニック