なぜ薄毛になるのか?原因は?

薄毛予防というと、すでに薄毛が進行している段階の人は意味がないと思われがちですが、そうではありません。

AGAというのは髪の毛は薄くなっても実は細くなっているだけで発毛はまだしていることが多いのです。

うぶ毛のような細い髪が多いので薄毛が目立ってしまいます。

それまでは太く濃い髪の毛が生えていたのに薄い髪になり弱くなっているのです。

AGAにより薄毛が進行した場合は、治療を行うことで早期に薄毛の悩みを解消することができるのです。

AGAクリニック口コミ人気ランキング

1位 AGAヘアクリニック

2位 AGAスキンクリニック

3位 ゴリラクリニック

 

薄毛のメカニズムとは?原因は?

なぜ薄毛、ハゲになってしまうのでしょうか。

薄毛の原因はヘアサイクルの乱れによって毛乳頭や毛母細胞の働きが正常ではなくなります。

髪の毛には皮膚の表面に出ている毛幹と皮膚にうまっている毛根に区別されます。

髪の毛は表面が落ち込んだところの底でつくられ、表面に伸び出したもので、毛根の周りは毛包で囲まれています。

毛根部の下部には球根状にふくらんでいる毛球があります。

髪の毛はこの毛球に存在する毛母細胞の細胞分裂によって成長します。

髪の毛の色を決めるメラニンもこの毛母細胞といっしょにつくられています。

AGAクリニックでAGA治療をしない人の不安を解消します

毛球部のそこは表皮側に向かってへこんでいて、そのへこみの中に毛乳頭があります。

これが髪の毛を成長させる栄養や酸素を毛細血管から取り入れ髪の成長、休止をコントロールする指令を出しています。

つまり毛を作るかなめの部分であるところが障害されることで薄毛が起こるのです。

毛乳頭や毛母細胞を障害する原因は主にホルモンや結構です。

また障害を引き起こす原因は遺伝、ストレス、食生活などさまざまなものがあります。

こうした原因のうち、取り除けるものはできるだけ取り除く必要があります。

そしてAGA治療を行うことで、その原因を解決することができ、抜け毛が減って発毛させることが可能になります。

AGAヘアクリニックの料金や口コミ