薄毛の原因はヘアサイクルの乱れ

ハゲや薄毛に悩む人にとって、いかに抜け毛を減らすかは大きな関心があると思います。

シャンプーをしていたら髪の毛がたくさん抜けた。

朝起きたら枕に髪の毛が大量に抜けていた。

薄毛を実感している人であれば、どれもがドキっとする瞬間です。

しかしここで髪の毛は抜けないと生えてこないということを知って起きましょう。

髪の毛は一定期間成長したあとに自然に抜け、またしばらくすると通常は同じ毛穴から同じような髪が生えてくるということを繰り返しています。

つまり髪の毛が抜けるからこそ新しい髪の毛が生えてくるのです。

AGAクリニック口コミ人気ランキング

1位 AGAヘアクリニック

2位 AGAスキンクリニック

3位 ゴリラクリニック

 

AGA治療とヘアサイクルについて

髪の毛が抜けて、また生えることを「ヘアサイクル」といいます。

このヘアサイクルは年齢や性別によって多少異なりますが、女性では4〜6年、男性は3〜5年の成長期を続けて平均で5年の成長期があります。

その後、成長が止まり自然に抜ける準備をしている2〜3習慣の退行期になり、完全に成長が停止した休止期が2〜4ヶ月続きます。

その後、また新しい髪の毛の成長が始まってくると古い髪の毛は自然に抜けていきます。

髪の毛の発生期には凝縮していた毛乳頭が再び成長をはじめ、様々な成長因子などにより再び活性化されて毛母細胞も再びつくられ、表皮側に向かって新しい髪の毛を作り始めます。

髪の毛の成長が始まると休止期でとどまっていた古い髪の毛は押し出されてだつもうし、新しい髪が皮膚の表面にでてきます。

東京のAGA(薄毛)治療クリニック紹介

 

本来髪の毛の細胞分裂は非常に活発

健康な頭皮では退行期に相当する髪の毛は髪の毛全体の約1%、休止期に相当するのは9〜14%で残りは成長期に相当する髪の毛です。

このような活動がそれぞれ毛包で毎日ランダムに行われているため、髪の毛は毎日抜けるのが普通なのです。

そして全体としての髪の量は一定しています。

成長期の髪の毛は通常休むことなく伸び続けています。

標準的な成長速度は1日あたり0.35ミリ〜0.4ミリにもなります。

髪の毛は体の細胞分裂の中でも腸の絨毛細胞とならんで一番活発な部分なのです。

細胞分裂がさかんであるということは、それだけガン化する危険も多いということで、この細胞の誤作動を防ぐためにも抜けてリセットする必要があるという考え方もあります。

AGA治療で処方されるAGA治療薬についてまとめ

 

AGA治療によってヘアサイクルを正常に戻す

抜け毛は新しい髪の毛が生えるために必要不可欠なものですが、AGAを発症するとヘアサイクルに乱れが生じて薄毛の原因になってしまいます。

具体的にはサイクルの終わりにきた髪は1日50〜100本程度抜けますからこの程度の抜け毛なら心配する必要はありません。

しかし1日100本以上の抜け毛があるようであればAGAを発症している可能性があります。

早期にAGA治療を開始することで抜け毛を減らし、ヘアサイクルを正常に戻すことが可能になります。

AGA(エージーエー)とは?原因や特徴について