遺伝が原因の薄毛はAGA治療で治る

薄毛の原因として遺伝的要素が深く関わっていることはご存知の人も多いと思います。

胎児の段階で将来黒髪になるか金髪になるか、直毛かくせ毛かなど毛髪に関わる親の遺伝性が全て受け継がれます。

この遺伝情報を受け継いだ最初の毛母細胞ができると、その後、細胞分裂が繰り返され毛髪がつくられます。

薄毛そのものの遺伝はまだ見つかっていませんが、親から受け継いだ薄毛を起こしやすい体質、骨格、皮膚の状態などさまざまな遺伝因子があります。

AGAクリニック口コミ人気ランキング

1位 AGAヘアクリニック

2位 AGAスキンクリニック

3位 ゴリラクリニック

 

男性の75%は薄毛の遺伝を持っている

遺伝が深く関わっている薄毛の場合、遺伝因子が1つあった場合、男性は薄毛になりやすいのですが、女性にはその心配はありません。

しかし遺伝因子が2つあると男女どちらも薄毛になるリスクが高くなるといわれています。

遺伝を受け継ぐ確率は両親からの場合が最も高く、両親のいずれにも薄毛があった場合、男女ともに薄毛になりやすいといわれています。

他に祖父母や曾祖父母からも受け継ぐ可能性があります。

祖父母や叔父、叔母に薄毛の人がいる場合、女性は大丈夫ですが、男性は薄毛になる可能性があります。

さまざまな調査結果を解析すると男性は75%、女性は29%の確率で薄毛の遺伝子的体質を受け継いでいると言われています。

ですから、親や親戚の薄毛をみて心配になったなら早めのAGA治療が肝心です。

AGAヘアクリニックの口コミで良い評判、悪い評判について|体験談、治療薬や費用について

 

男性ホルモンと薄毛の関係

また薄毛、AGAには男性ホルモンが関係しています。

アメリカのハミルトン医師の実験によると思春期前に去勢して睾丸を取り除くと薄毛は発症せず、薄毛の進行が始まった人が去勢をした場合は進行が止まるようです。

そしてこのような人たちに男性ホルモンを注射するとまた薄毛になり始めたという実験結果があります。

また薄毛になりやすい前頭部と、薄毛になりにくい後頭部の頭髪を交換移植したら後頭部から前頭部に移植した頭髪はそのままで、前頭部から後頭部に移植した頭髪は脱毛したという結果もあります。

ということは同じ人でも場所によって薄毛と男性ホルモンの関係は異なると考えられます。

頭皮の場所ごとに毛の男性ホルモン感受性が決まっていて、その性質は植えかえられても変化せず新しい場所の毛と同じ感受性は示さないという性質を持っていると考えられるのです。

大阪のAGA(薄毛)治療クリニック紹介