ストレスが原因の薄毛はAGA治療で治す

薄毛になりやすい人の8割が心理学でいう神経質タイプだったらしいです。

イライラしていたり、心配事が多かったりするとストレスから皮脂の分泌も増すことが明らかになっています。

またストレスがあると自律神経のバランスが崩れます。

自律神経は、自ら意識しないでも自然に体の各機能を調整するように働いてくれる神経です。

交感神経と副交感神経があり、自動車のブレーキにたとえられるのが副交感神経、アクセルの役割を担うのが交感神経です。

AGAクリニック口コミ人気ランキング

1位 AGAヘアクリニック

2位 AGAスキンクリニック

3位 ゴリラクリニック

例えば目覚めると活動モードになり意欲的に活動できるのは交感神経の働きです。

具体的には血圧が上昇し体に血液がめぐって活発になります。

一方、夜になると血圧が下がり、リラックスモードになり、体は急速に向かおうとします。

これは副交感神経の働きです。

ストレスがあると、この2つのバランスが崩れると同時に緊急の際には生体を活性化させて攻撃態勢をつくるカテコラミンというホルモンが分泌されます。

これはストレスに対抗するためには欠かせないホルモンなのですが、このホルモンが分泌されると血管が収縮しやすくなり、交感神経の緊張から胃腸障害を起こすようになります。

そのために胃腸の消化、吸収が悪化して栄養不足から抜け毛が増えて薄毛になります。

AGAスキンクリニック【口コミ評判】

また毛乳頭に通っている毛細血管も収縮しやすくなるため、髪の毛にも栄養がいきわたりにくくなり抜け毛が増えて薄毛になります。

このようなことを避けるためにもストレスを避けて毎日を快適に過ごし、睡眠不足にならないように気をつけることが大切です。

北海道のAGA(薄毛)治療クリニック紹介