AGA治療薬は個人輸入してはダメ!危険です!

AGAクリニックでAGA治療をはじめると主に投薬治療を開始することになります。

もちろん投薬治療の前には担当医が診察をして血液検査を行い、治療薬を処方して問題がない場合のみ処方されます。

しかし最近はAGA治療薬を海外から個人輸入する人がいるようです。

この個人輸入が現在大きな問題になっており、厚生労働省も注意を促しています。

厚生労働省:個人輸入に関する注意

「医薬品の個人輸入に関する注意喚起について」

「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」

 

AGA治療薬の偽物が多く出回っています

このAGA治療薬の個人輸入で問題になっているのは、非常に多くの「偽物」のAGA治療薬が出回っていることです。

本来クリニックで処方される治療薬は製薬会社が製造しているものです。

しかし海外で販売されている(個人輸入する)AGA治療薬は製薬会社がつくった治療薬ではなく出所が不明なものが多いです。

もちろん安全性は確認されていません。

この偽物の治療薬が多く出回り、個人輸入をしている人が知らずに購入をしているのです。

当然処方せんなしで個人で購入している薬ですから健康被害がある可能性が高いです。

厚生労働省にもその健康被害の報告が多く寄せられているので注意喚起をしているのです。

クリニックでしっかりと処方される治療薬でなければ危険です。

AGAクリニックの料金比較

 

偽物のAGA治療薬は危険すぎる

個人輸入で購入されているAGA治療薬の中には全くAGA治療に効果のない薬(?)も多く出回っています。

本来AGA治療薬に含まれているフェナステリド(抜け毛を防ぐ成分)が入っていないにも関わらずフェナステリドとして販売されています。

もちろん本来治療に必要な成分が入っていないわけですから効果はありません。

またごく僅かだけ成分が配合されている薬をいかにも成分を多く含んでいるかのように宣伝して高額で販売されているものもあります。

さらにAGA治療とは全く関係のない成分が入っていて人体に悪影響を及ぼす可能性がある薬まで出回っているようです。

製造元がはっきりしていない治療薬で雑菌が混入している薬も発見されています。

このように海外で日本の個人輸入者向けに販売されているAGA治療薬は非常に危険なのです。

薄毛の悩みを解消したいとAGA治療薬を手に入れたい気持ちはわかりますが、それで健康を維持できない体になってしまっては意味がありません。

もちろん効果の実証されていない薬ですので、本当に効果があるのかどうかもわかりません。

薬を個人輸入するのは非常に危険ですので絶対にやめてください。

AGAクリニック口コミ人気ランキング

1位 AGAヘアクリニック

2位 AGAスキンクリニック

3位 ゴリラクリニック