AGA治療薬プロペシア(フェナステリド)の効果や副作用について

薄毛対策のAGA治療では治療薬としてプロペシア(フェナステリド)を処方されることがあります。

このページではAGA治療薬プロペシアの効果や副作用についてご説明します。

 

プロペシア(フェナステリド)の効果は?

プロペシア(フェナステリド)は世界で初めてAGAの治療薬として認められた抜け毛を減らすための治療薬です。

プロペシアを販売しているのはMSDという会社です。

このプロペシアを3年間飲み続けた方の98%が薄毛の進行がなかったと実証されています。

服用については毎日1錠を服用し、個人差はありますが2、3ヶ月で抜け毛が減ると言われています。

プロペシアはAGAの進行を制御する効果がありますのでAGA治療には欠かせない治療薬です。

 

プロペシア(フェナステリド)の副作用について

AGA治療薬のプロペシア(フェナステリド)を服用することで発生するおそれのある副作用ですが、個人差があるものの食欲が減ったり倦怠感があるなどの報告があるようです。

しかしこの副作用については全体の2%未満と言われており、その多くが副作用を発症しないケースがほとんだったようです。

もしプロペシアを服用することで副作用を感じた場合は、処方したクリニックに相談することをおすすめします。

プロペシアの料金についてはこちらで比較できます

 

AGAクリニック口コミ人気ランキング

1位 AGAヘアクリニック

2位 AGAスキンクリニック

3位 ゴリラクリニック

 

AGA治療の効果や口コミ、評判を知りたい

AGAクリニックの口コミや評判、トラブルを知りたい